2011年12月26日

2020年オリンピック

今年も今週だけとなりました。いつの間にか健康な普通の自分として活動しています。病気のことを忘れはしませんが、感謝でもあり少し怖い気もします。私のなかのガン細胞はいつまで大人しくしていてくれるのでしょうか。そのために今年も色々とガン細胞への対応をしてきたわけですが、来年も続くことを祈ります。「病は気から」の通り、ガンと戦う気持ちを持つことが何より大切なことだと思います。戦う気持ちが落ちたら、免疫も確実に下がります。最近、キャベツ、人参ジュースは徹底して飲んでいるのですが、塩分が多めになってきています。これは禁物です。来年は、ゲルソン療法の食事に立ち返りたいと考えています。昨日アパートに戻ったら、BS放送も映るようになり快適になりました。2012年はロンドンオリンピック、2016年はブラジル・リオデジャネイロ、2020年は? そこまで生きて2020年オリンピックを見るのが私の計画です。車のナンバーも2020なのです。「夢」ではありません。私は以前、1998年の長野冬季オリンピックにVISAの招待で軽井沢プリンスホテルに宿泊し、スピードスケート清水の1000メートル銅、スキージャンプのラージヒル団体金、祝勝会を観戦しました。原田選手の「船木ィ〜!」の名台詞は忘れません。オリンピックは最高のイベントです。2020年まで頑張れば新しい治療薬もどんどん出ているでしょう。



posted by バスルーム at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

BS放送が見れない

地デジのテレビを買ってアパートで見ているのですが、共同BSアンテナは設置されていても何故かBSの電波が受信できずに見ていませんでした。最近、NHKからBSを受信できるテレビがあれば、見ているかどうか関係なしにBS受信料を払う必要があるとの通知を受け、これは大変と不動産屋を経由して受信対応をお願いしました。テレビの設定が悪いのか分かりません。それにしてもNHKの受信料は高いと思います。割引があるにしても単身先と自宅で両方支払いをしなければなりません。
これを機会にHDDレコーダーも買おうかと思っています。どのテレビにもHDMI端子で接続でき、ブルーレイディスク等に保存する必要がなければ十分です。これが欲しかったんです。夜、単身先に帰った時に面白くない娯楽番組を見るより、自分が録画し選択した番組だけを見るようにしたいと思います。いま新発売でバッファローから優れものが先月発売されています。電気量販店で容量1テラ29,800円がネットで21,600円とネットは安いです。

製品リンク先
バッファローDVR−W1

台湾高鉄(新幹線)切符 
2011.12.14 009.JPG

台湾のタクシー(イエローキャブ?)
2011.12.14 048.JPG

台湾の夜の町
2011.12.14 041.JPG
posted by バスルーム at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

台湾から戻る

先週末、台湾から帰り、ちょっと喉が風邪気味のような感じがしますが大丈夫と思います。台湾の20度から東京の9度、家についたら4度と温度差が激しくちょっとやられたようです。韓国の金正日総書記が先週土曜日に出先で死んだとのことで、厳寒の北朝鮮で心臓発作の要因になったのかもしれません。
今年もあと2週間余り。あっという間に来年です。来年は忙しくなりそうで、社長業を預かり、最大のターニングポイントになりそうです。がん患者で社長をやってていいのかとも思いますが、来年は私の得意分野の決断がいろいろあり、暴れられそうです。
また、娘から電話があり、東京の娘が私のマンションでいつの間にか犬(ヨークシャテリア)を飼ったとのことで、困ったものです。同居している長男からは年内に処分しろと言われ怒られたそうです。兄といると窮屈なので、近々別の所に引越ししたいと言っています。ますます、車の維持費、アパート代、光熱費、犬の維持費とたいへんになるばかりです。自分で判断してもらいましょう。
今日は早く寝ます。

ジェット機内から富士山を見下ろす
2011.12.14 005.JPG

台北松山空港(街の中にある空港です)
2011.12.19 020.JPG

2011.12.19 023.JPG
posted by バスルーム at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

台湾2日目

今日は昨日から台湾の中部地域、台中に入っています。先方の計らいでビジネスホテルとは思えないほど高級なホテルに宿泊しています。40uぐらいはありそうで1万円程度(日本なら3万円のシティホテルクラス)のようです。台中へは高鉄(新幹線)で移動。日本の技術供与のせいで日本の新幹線と仕様が本当に似ています。ホテルの電源も110ボルトで日本と同じです。やはり、中国の大雑把な感じより、きめ細やかに出来ていて早くから日本占領下の影響や商業化が進み、資源がない日本と同じく加工産業が発展し国際競争力がついているようです。外のトイレも綺麗で匂いもなく清潔なところが多いです。台湾は中国本土でiphone、ipadの製造を行っているFoxconn(フォックスコン=鴻海、従業員80万人?)など中国本土を足がかりに大成功しているオーナー経営のビッグカンパニーが多いのも特徴です。
明日もものづくり企業が集中している台中市内を回ります。

高鉄(新幹線)グリーン席
2011.12.14 010.JPG

お菓子とドリンクがつきます。
2011.12.14 011.JPG

ホテルのバス
2011.12.14 012.JPG

今日の夜の食事(トリュフ入りサラダ)
2011.12.14 044.JPG
posted by バスルーム at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

今日は真冬、来週は温暖な台湾へ

今日の日本は、真冬並みの気温です。これから高速を飛ばし家に帰ります。明日、スタッドレスタイヤに交換することになっているのですが今日は普通タイヤで帰らなければなりません。どこかアイスバーンになっているところがありそうです。一番困るのが、事故で高速を下ろされることです。
来週は台湾に行くことになりました。台湾の気候はまだ最高気温20℃ぐらいで暖かそうです。仕事で行くわけですが、台湾も10年ぶりぐらいになると思います。前回行ったときは風邪をひき、熱と寒気のなか夜ホテル出て薬局を探し回り、日本でもおなじみの風邪薬「CONTAC」を見つけ、一晩寝てなんとか治まったことを記憶しています。今度は旅先でがん患者が風邪をひいたらシャレになりません。夜は台湾式マッサージ程度でおとなしくしたいと思います。


クリスマスのイルミネーション
2011.12.5 003.JPG

2011.12.5 004.JPG
posted by バスルーム at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

中国語習得奮闘中

先週金曜日は、企業再生や経営支援あるいは株式取得によるハンズオン事業などを行う業界では国内大手に入る会社のA氏と都内で久々に会いました。彼は今まで東南アジアで日系企業の顧客獲得に動いていたとのことでした。日本人ですが元々東南アジアで英語で仕事していたせいか、海外にいると日本のスピード感がなく、国内系ではグローバルに戦えないと感じ、世界に拠点があるアメリカの大手のコンサル会社に来年1月から転職するといいます。入社後、世界のどこに配属されるかこれからとのことです。おそらくアジア圏だと思いますが。
その中で英語でも中国語でも外国と関係ある場合、相手の経営者と話す場合に相手の言葉、共通の言語は必須だというのです。コミュニケーション、意思の疎通が出来ないと何事も始まらないし、相手国の言葉は話せるようにすべきだと力説します。確かにそのとおりです。4月から中国語を勉強していますが、中だるみ状態であった気持ちがピンと引き締まり、この土日は中国語の勉強に身が入りました。あと少しで基礎文法が終わります。


東京駅近くのCAFEから
2011.12.5 002.JPG

日本橋のビル クリスマスモードです。
2011.12.5 001.JPG
posted by バスルーム at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

今日は12月1日(2日に少し掛かりましたが)。一寸いいことがありました。普段アパートでは酒は飲まないのですが飲みたい気分になりほろ酔い状態です。前回の歌の力について書きましたが、若い時は歌を聴く時に歌詞を理解せずにメロディー中心に歌を聴いていました。最近は歌詞の内容をあじわい、聞くようになってきました。皆さんそうだと思うのですが、最近の歌よりも昔懐かしい青春時代の歌を聴いた時にその時代に起こった自分の出来事と共振し、感銘を受けるのではないでしょうか。私は最近、改めて歌の詩の内容を再確認し、この歌はこういう詩だったのかと発見がすることが多々あります。明るい曲も好きですが、マイナーコードの刹那的な歌が好きです。テレサテンの「空港」は何回聞いても飽きず、移動時の心の友です。刹那的な愛、恋、北(方角)をテーマにしたものは、人の心の琴線に触れ、歌のテーマとして、人間の宿命として途切れることはありません。そんな中で私は、夜のドライブの定番、竹内まりやの「駅」、この詩がメロディに乗ったら情景が想い浮かびドラマを見ているようです。そして、誰しも出会い、別れのシーンと一部重なるのではないでしょうか。

竹内まりや「駅」・・・別れた彼氏を電車の中で偶然、遠くから見つけたシーン。
ジーンとくる歌です。
………
二年の時が変えたものは
彼のまなざしと私のこの髪
それぞれに待つ人のもとへ
戻ってゆくのね 気づきもせずに
ひとつ隣の車両に乗り
うつむく横顔 見ていたら
思わず涙 あふれてきそう
今になってあなたに気持ち
初めてわかるの 痛いほど
私だけ 愛してたことも
………



2011.12.1 092.JPG
posted by バスルーム at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。